新型コロナ関連情報(陽性判明者数1,733名、累計48,140名(8月28日)・新たな水際対策措置の決定)

2020/8/28
新型コロナ関連情報(陽性判明者数1,733名、累計48,140名(8月28日)・新たな水際対策措置の決定)

【ポイント】
・保健省は、新たに1,733名の感染が判明し、累計感染者数は48,140名、累計死亡者数758名と発表。
・日本政府は、8月28日(日本時間)、新たな水際対策措置を決定しましたところ、これにより、エチオピアからの御帰国の際には、従来の自主隔離(14日間)に加え、新たに空港等における抗原定量検査等の実施対象となりますので、ご留意ください。
(当館ホームページ新型コロナ関連情報:https://www.et.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00159.html )

【本文】
1.保健省は28日、新たに1,733名の新型コロナウイルス感染者が判明し、新型コロナウイルスの感染者数の累計が48,140名になったと発表しました。
 その内、新たに586名が回復し、累計回復者数は17,415名、新たに13名が亡くなり、累計死亡者数は758名です。


2.既に、日本の外務省からの海外安全情報にてお知らせが配信されておりますが、日本の外務省は8月26日(日本時間)、エチオピアに対する感染症危険情報レベルを「レベル2(不要不急の渡航は止めてください)」から「レベル3(渡航は止めてください(渡航中止勧告))」に引き上げた旨発表しました。
 また、日本政府は8月28日(日本時間)、新たな水際対策措置を決定しましたところ、これにより、邦人の皆様がエチオピアから御帰国される際には、従来の自主隔離(14日間)に加え、新たに空港等における抗原定量検査等の実施対象となります。また、今回決定された水際措置により、日本上陸前14日以内にエチオピア滞在歴がある外国国籍者(含エチオピア人)については、特段の事情がない限り、入国拒否対象となります(特段の事情により(再)入国が認められた場合、従来の自主隔離(14日間)に加え、新たに空港等における抗原定量検査等の実施対象となります。)。
 詳細は以下のリンク先をご確認ください。↓
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C069.html
 
 以上
 
                            
【在エチオピア日本国大使館】
代表電話:011-667-1166
《緊急連絡先》
警備領事班
0911-200-721(高橋)kazuya.takahashi-4@mofa.go.jp
0911-216-773(中崎)taisei.nakazaki@mofa.go.jp
※このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete