ティグライ州の軍事衝突に伴う全国的な治安の悪化

2020/11/11
【ポイント】
・全国的な治安の悪化傾向。
・警察がさまざまな場所で職務質問や捜索等を実施中。外出時には身分証明書を携行すること。
・ティグライ州での衝突が他の地域への影響が懸念されます。引き続き警戒を続けてください。

【本文】
1 昨今のティグライ州における軍事衝突の影響を含め、全国的な治安悪化が認められます。報道によれば、OLFシェネのメンバーが、オロミア州西部の西ウォレガ県及び東ウォレガ県において、銀行強盗を企てていたところ、治安部隊が右を阻止し逮捕したと発表されました。また、同州南部のグジ県においても、OLFシェネの活動が確認され、治安部隊が右メンバー約100名を逮捕し、数名が死亡、負傷したと発表されました。軍や警察などの治安部隊はこのような計画を阻止するために、オロミア州のさまざまな県で作戦を実行しているとの情報もあります。

2 全国的な治安悪化に伴い、警察は、アディスアベバを含むさまざまな場所において、職務質問や捜索などを行なっています。在留邦人の皆様には、外出時には必ず身分証明書を携行し、無用のトラブルを避けるよう注意ください。また、引き続き情報収集に努め、攻撃の対象となるような軍や政府の機関及び多数の人が集まるような場所には近づかないようにしてください。

 以上

【在エチオピア日本国大使館】
代表電話:011-667-1166
《緊急連絡先》
警備領事班
0911-200-721(高橋)kazuya.takahashi-4@mofa.go.jp
0911-216-773(中崎)taisei.nakazaki@mofa.go.jp
※このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete