ティグライ州における軍事衝突(各地への影響:第2報)

2020/11/17

【ポイント】
TPLFに対する最終作戦を決行するとアビィ首相が表明。
・今後、戦闘はさらに激化する可能性あり。テロ組織メンバーが逮捕されるなど、地方の治安も悪化傾向
・引き続き警戒に努めてください。

【本文】
1 本17日、アビィ首相は自身のFacebookにおいて、14日TPLF(ティグレ民族解放戦線)へ通告した最後通牒が期限を迎えたので、近日中に最終作戦を決行する旨投稿しました。これにより、今後、戦闘がさらに激化し、広範囲に影響が及ぶ可能性があります。

2 また、各地で武装集団の襲撃や衝突が頻発しており、治安の悪化が懸念されています。
 14日、エチオピアNISS(国家情報治安局)はエチオピア国内において、イスラム過激派組織「アル・シャバーブ」及び「ISIS」によるテロ攻撃計画があり、同メンバー14名を逮捕したことを発表しました。また、未確認ながら,16日アディスアベバにおいて、爆弾を所持した男が摘発されたという情報もあります。今後,爆弾事件の発生等,エチオピア各地の治安が悪化する可能性もあります。
3.在留邦人の皆様は、引き続き情報収集に努め、攻撃の対象となるような軍や政府の機関及び多数の人が集まるような場所には近づかないようにしてください。

 以上
        
【在エチオピア日本国大使館】
代表電話:011-667-1166
《緊急連絡先》

警備領事班
0911-200-721(高橋)kazuya.takahashi-4@mofa.go.jp
0911-216-773
(中崎)taisei.nakazaki@mofa.go.jp
※このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete