アムハラ州バハルダールにおける爆発の発生

2020/11/23
【ポイント】
・TPLFに対する最終作戦決行まで72時間の猶予を与える旨、アビィ首相が表明。
・今後、戦闘はさらに激化する可能性あり。テロ組織メンバーが逮捕されるなど、地方の治安も悪化傾向。
・引き続き警戒に努めてください。

【本文】
 本22日、アビィ首相は自身のFacebookにおいて、17日TPLF(ティグライ民族解放戦線)へ通告した最終作戦に関し、最後となる投降期間として72時間の猶予を与える旨投稿しました。さらに、メケレ市民に対し注意を呼びかけています。今後、戦闘がさらに激化し、広範囲に影響が及ぶ可能性があります。在留邦人及び旅行者の皆様は、不測の事態を避けるため、軍や政府施設及び政府高官の集まるホテルや空港などテロの標的となりやすい施設を利用する場合は、常に周囲を警戒してください。爆発音や銃声がした場合にはその方向には近づかず、直ちにその場を離れてください。

 以上

【在エチオピア日本国大使館】
代表電話:011-667-1166
《緊急連絡先》
警備領事班
0911-200-721(高橋)kazuya.takahashi-4@mofa.go.jp
0911-216-773(中崎)taisei.nakazaki@mofa.go.jp
※このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete