ティグライ州における軍事衝突(最後通牒の期限切れ)

2020/11/26
【ポイント】
・アビィ首相が最後通牒の期限切れを発表。
・メケレへの進攻によりエチオピア各地で治安悪化の可能性あり。

【本文】
1.11月26日、アビィ首相は、自身のフェイスブックにおいて声明を発表し、TPLFに対する72時間の最後通牒の期限が切れたため、作戦は最終局面に入ると宣言しました。今後、ティグライ州メケレにおいて、国防軍によるTPLFに対する本格的な攻撃が行われる可能性があります。

2.また、攻撃の本格化により、ティグライ州以外のエチオピア各地でも、治安が悪化する可能性があります。昨25日、アディスアベバ郊外セベタのモスク周辺において、爆弾が発見されたとの報道があります。

3.在留邦人及び旅行者の皆様は、エチオピア国内の軍、政府施設及び人の集まるホテルや空港、宗教施設などテロの標的となりえる施設には極力近づかないようにしてください。爆発音や銃声がした場合にはその方向には近づかず、直ちにその場を離れてください。

 以上


                            
【在エチオピア日本国大使館】
代表電話:011-667-1166
《緊急連絡先》
警備領事班
0911-200-721(高橋)kazuya.takahashi-4@mofa.go.jp
0911-216-773(中崎)taisei.nakazaki@mofa.go.jp
※このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete