日本入国のためのPCR検査証明(第3報)

2021/6/3
【ポイント】
・新たにSilk Road General Hospital及びInternational Clinical Laboratoriesでも日本の厚労省の要件を満たした証明書発行と転記サービスが利用可能。
・検査証明書取得後、日本の厚労省が求める要件を全て満たしているかどうか、ご自身でご確認願います。

【本文】
 5月24日付領事メール情報につき、以下の項目を追加します。
1 指定フォーマットの証明書取得可能な検査所(追加分)
(1)Silk Road General Hospital(自施設内で検査)
  ア 電話番号:+251-936-610666
  イ 営業時間:9:00-16:00(毎日)
  ウ 検査代金:2,000ブル
  エ 予約方法:インターネットが望ましい(https://silkroadhospitaladdis.com/
  オ 検査結果待ち時間:約1日
(2)International Clinical Laboratories:ICL
  ア 電話番号:+251 114 671 818
  イ 営業時間:Kera本部:24時間、Churchill支店及びMenelik支店:7:00から17:00、Priority Travel Center:8:00から16:30(毎日)
  ウ 検査代金:790ブル(エミレーツ航空利用者は690ブル)
  エ 予約:不要
  オ 結果待ち時間:24時間から36時間
  カ その他:迅速検査(検査待ち時間:約12時間)は1,990ブル

2 転記サービスの手続き方法
(1)Silk Road General Hospital:無料
  あらかじめ人定事項を記入した指定フォーマットを持参し、検査時に担当者へ提出。結果受領時、検査所オリジナル証明書及び指定フォーマットの証明書2部取得する流れになります。
(2)ICL:無料
  全ての支店において転記サービスの利用が可能です。なお、検査時又は検査結果取得時に、窓口職員へ「日本入国に必要な指定フォーマットへの転記をDr. HananかDr. Mesfinに取り次いで欲しい」旨、申し出る必要がありますのでご注意ください。

3 注意喚起
 本件第一報を発信した5月19日以降、当該転記サービスを利用した一部の日本行き渡航者の情報によれば、検査所オリジナル証明書にRT-PCR法と記載されているにも関わらず、転記サービスの指定フォーマットにはLAMP法にチェックが入っているケースがありました。これから日本へ渡航される方は、予め、日本の厚労省が求める検査証明要件を把握し、当地検査所の証明書オリジナル、及び、指定フォーマットの証明書を取得した後、双方が右要件全て満たしているかどうか、双方の記載内容が同じであるかどうかを必ずご確認ください。

 以上

【在エチオピア日本国大使館】
代表電話:011-667-1166
《緊急連絡先》
警備領事班
0911-200-721(高橋)eiji.takahashi@mofa.go.jp
0911-216-773(中崎)taisei.nakazaki@mofa.go.jp
※このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete