厚労省フォーマットへの転記サービス(Wudassie Diagnostic Centerで受ける際の留意点)

2021/6/10
【ポイント】
・Wudassie Diagnostic CenterでPCR検査を受け、日本への入国に必要な厚労省指定フォーマットへの転記サービスを受ける際、検査所側の誤った対応を避けるため、事前に同センター担当者へメールをするようお願いします。
・2様の証明書受領後、日本の厚労省が求める全ての項目を網羅しているかどうか、必ずご自身で確認してください。

【本文】
1 日本への入国に必要な厚労省指定フォーマットへの転記サービスに関し、当地検査所のWudassie Diagnostic Centerにおいて誤った対応が3件発生しました。その都度当館から先方へ申し入れしてきましたが、この度、改めて同検査所と協議の上、同センター本部と現場の情報共有のため、以下の再発防止策をとりました。

2 同検査所にてPCR検査を受検する際は、事前に以下の複数の担当者に連絡し、厚労省フォーマットへの転記サービスを依頼してください。
<Wudassie Diagnostic Center:指定フォーマットへの転記サービス担当窓口>
(1)Dr. Yonahtan Endalkachew
   電話番号:+25102606060
   メールアドレス:yonatan.endalkachew@wudassie.com
(2)Naboni Jirata:
   電話番号:+251964766776
   メールアドレス:naboni.jirata@wudassie.com
(3)Bethelhem Enkuberhan:
   電話番号:+251905055031
   メールアドレス:Bethelhem.enku@wudassie.com

3 具体的手続きは、以下のとおり。
(1)被験者は、事前に上記2の連絡先(1)~(3)全ての者に、日本入国に必要な厚労省指定フォーマットへの転記サービスの依頼をする。
(2)検査時、あらかじめ印刷し、ご自身で人定事項欄を記入した厚労省指定フォーマットを検査所の担当者へ提出する。
(3)右提出の際、検査結果を同フォーマットへ転記するよう、直接口頭で担当者へ依頼する。
(4)検査後、検査所オリジナルの証明書と厚労省指定フォーマットを受け取る。双方の記載事項を確認する。

4 その他
(1)転記サービスは無料。
(2)トラブルが発生した場合、大使館までご連絡ください。

 以上

【在エチオピア日本国大使館】
代表電話:011-667-1166
《緊急連絡先》
警備領事班
0911-200-721(高橋)eiji.takahashi@mofa.go.jp
0911-216-773(中崎)taisei.nakazaki@mofa.go.jp
※このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete