在外邦人の孤独・孤立問題対策について

2021/7/9
【ポイント】
・外務省は、海外に滞在されている在外邦人の方々の孤独・孤立等の問題対応のため、国内NPO団体と連携した取組を開始。
・同問題(DV,虐待、いじめ、精神疾患等)についての相談は、同取組を活用ください。

【本文】
 孤独・孤立問題は、我が国における社会問題の一つですが、新型コロナの流行が長期化する中、同問題が深刻さを増しています。日本政府は本年3月、社会的な孤独・孤立の問題について政府全体として取り組むため、内閣官房に孤独・孤立対策担当室を設置し、坂本哲志孤独・孤立対策担当大臣が任命されました。また、本9日、茂木敏充外務大臣は定例記者会見を行い、以下の5団体と連携して孤独・孤立の問題に取り組んでいく旨発表しました。

 特定非営利活動法人「あなたのいばしょ」(https://talkme.jp/
 特定非営利活動法人「自殺対策支援ライフリンク」(https://yorisoi-chat.jp/
 特定非営利活動法人「東京メンタルヘルス・スクエア」(https://www.npo-tms.or.jp/
 特定非営利活動法人「チャイルドライン支援センター」(https://childline.or.jp/
 特定非営利活動法人「BONDプロジェクト」(https://bondproject.jp/

 外務省としては、上記の国内NPO団体と連携し、在外邦人の皆様が抱える孤独・孤立及びそれに付随する様々な問題に対してきめ細かく対応していく所存です。また、悩みをお抱えの皆様におかれましては、同団体の窓口で日本語によるチャット・SNS相談等を受けることもできますので、ご検討願います。

<外務省HPの関連ページ)
https://www.anzen.mofa.go.jp/life/info20210707.html

 以上

【在エチオピア日本国大使館】  
代表電話:011-667-1166  
《緊急連絡先》  
警備領事班  
0911-200-721(高橋)eiji.takahashi@mofa.go.jp
0911-216-773(中崎)taisei.nakazaki@mofa.go.jp  
※このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。  
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。  
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete