戦況、及び、国連職員家族の退避

2021/11/24
【ポイント】
・報道によるとTPLFはシェワ・ロビットにおいて国防軍兵士数千名を捕虜にした模様。
・22日国連の指示に基づき、国連職員家族は国外退避を開始。
・商用便が運航している間の出国を検討ください。

【本文】
1 24日付報道によると、TPLFの同盟勢力は首都アディスアベバから約230キロメートルのシェワ・ロビットを制圧し、なおも部隊を南進させている模様です。
さらに、TPLFは国防軍の兵士数千人を捕虜にした旨を発表し、捕虜の国防軍兵士と思われる映像を公開しました。  
2 また報道によると、22日国連はエチオピア国内の治安状況を考慮し、国連職員の家族を25日までに国外退避させるよう指示を出しました。
3 我が国と同様、エチオピア国内の複数の大使館は、自国民に対し商用便が運行している間の出国を強く促しています。今後、戦況が急激に変化した場合、商用機が運航を停止し、出国が困難となる可能性があります。商用便が運行している間の出国を検討ください。
(1)目的地がどこであれ商用機利用にはPCR陰性証明が必要です。日本行きの商用機を利用する場合、エチオピア出国72時間以内の陰性証明書の厚労省フォーマットへの転記が必要です。同サービスを提供している医療機関は、以下のリンクから確認ください。
https://www.et.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00809.html
(2)23日時点で、ボレ国際空港は正常に運用されており、チケット予約状況も普段どおりです。今後の情勢変化により、商用便の運行停止やチケットがとりづらくなる可能性があります。各航空会社のHPや旅行代理店を通じ、状況は常に確認ください。
以上
【在エチオピア日本国大使館】 
代表電話:011-667-1166 
《緊急連絡先》 
0911-200-721(高橋)eiji.takahashi@mofa.go.jp
0911-216-773(中崎)taisei.nakazaki@mofa.go.jp  
0911-503-181(伊田)toshio.ida@mofa.go.jp
※このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。 
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。   
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete